趣味を活かす時代です

この記事をシェアする

アイディアを形に

手軽にカフェのオーナーに

お店を経営するとなると色々と難しいのが現状です。
家賃に光熱費、最初にかかる設備、食器購入、内装、他にも必要なものはたくさんあります。
お店を出す前に、お金を貯めて、と考えると自分の店を持つということはとてつもなく大変なことに思えますが、レンタルスペースを使って、カフェを開くと簡単に自分の店を持つことが出来ます。
1週間のうち何曜日だけとか、1ヶ月の中で、この日とこの日だけなど時間帯によって自分のお店を持つのです。
そうすると設備は、他の曜日の経営者と共有なので、初期の設備投資が少なくてすみます。
また、家賃も借りている時間帯だけですむので、安くすみます。
本格的に始める前にお試しでカフェを開きたい方にぴったりです。

○曜日はバーマスターの日

1軒の店で、昼間はこってり系のラーメンを出して、夜はあっさり系のラーメンを出すというラーメン屋があります。
昼と夜の店主は別の人です。
また、昼間は喫茶店、夜はバーなどの使い方をするところもあります。
バー営業で日替わりでオーナーが別の人というお店もあります。
場所も同じ、内装も同じで、自分のバーの特色を出すのです。
お客さんも、その店のファンというよりも、マスターのファンという人が多く、○曜日はそのバーに行くという人も少なからずいます。
このように、特定の曜日だけバーのオーナーになって、バーを経営するという形もあります。
自分のお店を持ちたいと考えている人は、こういうやり方を参考にするのもよいかもしれません。



PAGE
TOP